メイン

お知らせ アーカイブ

2007年08月18日

データ消失、そして、ようやく、復旧できました。

Deauville.jpg

残暑お見舞い申し上げます。

灼熱の・・・ということばがピッタリの日々、いかがお過ごしでしょうか。

こんなところに行きたいなー
と、写真はダバダバダのテントです。

さて、このagenda-クチュールライトを、2004年11月にはじめてから、色々なことがありました。
あまり、更新出来なかった時期もあり、また、饒舌なエントリーも、ままあったように思います。でも、私にとっては、どれも大切なagenda。・・・メモであり、記録であり・・・
それらが、6月28日、突然、消失してしまいました。
みなさまにいただいた大切なコメントとともに・・・

原因はサーバの事故。

幸い、消失したのは一部だったのですが、日記設定ページには一切アクセス出来なくなってしまいました。従って、新しいエントリーをアップしたくても出来なかった、、、のです。
このサーバの利用者の中にはデータが全部消失してしまった方々も多いと聞いています。
こういった事態に備えて、皆様には各々データ保存をなさることをお奨めいたします。


サーバの言い訳
【ファイルサーバーのデータ管理体制について】    

ステップサーバーのファイルサーバーシステムでは、データを複数のハードディスクに分散して保存
し、さらにパリティ情報という1台のハードディスクが故障しても別のハードディスクからデータを
復元する事が出来る「 RAID 5 」という高度なデータ管理システムにて運用しています。
しかしながら、「 RAID 5 」でデータを復元する事が出来るのは1台のハードディスクが故障した場
合までとなり、同時に複数のハードディスクが故障した場合にはデータ復元が出来なくなる特性があ
ります。

なお、ステップサーバーのファイルサーバーシステムでは、膨大なデータ量を取扱っている事と、常
時データアクセスが発生するファイルサーバーに対してデータバックアップを行う事でサーバーレス
ポンスが極度に低下する事を回避するために、データバックアップではなく「 RAID 5 」によるデー
タ管理システムを採用しています。


    【サーバー障害およびデータ消失の原因について】    

この度のサーバー障害では、上記で説明した「 RAID 5 」というシステムを構成する「 RAID装置 」の
部品(バックプレーン)および2台のハードディスクが同時に故障した事により、ファイルサーバーへの
アクセスが出来ない状況が発生し、ホームページ閲覧やメール送受信が出来ないなどのサービス障害が
発生しました。

なお、上記の障害を検知した際に「 RAID装置 」を構成している残りのハードディスクに保存されてい
るデータの保全を図るために、ハードディスクからデータのコピー(バックアップ)を開始致しましたが、
同時に複数のハードディスクが故障した場合にはデータ復元が出来なくなる「 RAID 5 」の特性により、
すべてのデータをバックアップする事が出来ず多数のデータが消失する事態となりました。

また、サーバー障害対応時に、残りのハードディスクからデータのコピー(バックアップ)を最優先で行っ
たうえで、障害の原因となった故障したハードディスクおよび「 RAID装置 」の部品(バックプレーン)
の交換を行ったため、長時間サービスが停止する事となりました。


静かなブログですけれども、これからも どうぞ よろしくお願いいたします。

2011年09月10日

『LIFE & DESIGN』誌

life%26design.JPG

今日の日付を見て、ん??と思って、、気がつきました。
JOHNのお誕生日だったのですね。いや、もしかして記憶違いかもしれませんが。
この映画、観なくては。


はい、記憶違いでした。Mr.LENNONは1940年10月9日。9月10日はリリのお誕生日でした。リリは妹です。happybirthday!
(追記9/11)

などなど、おしゃべりはこのくらいにして、、、
久々に『couturelight』のライトをLIFE & DESIGNという雑誌でご紹介いただきました。
すごいメーカーとおんなじページに掲載していただいて、面映いような気分です。

来週からLIVING & DESIGN 2011がはじまるのですね。
この催し関連の講演会『ジオポンティを語る』(チェーザレ・カザーティ元domus編集長)に行きたかったけれど、旅の予定と重なってしまいました。残念....

続きを読む "『LIFE & DESIGN』誌" »

2011年12月15日

仄光照疋

sokkou.JPG


「ソクコウショウソ」出品中です。

会場にはエコをテーマにあかりがたくさん展示されています。


クチュールライトのあかりは、、
仄光照疋……仄かな光で足許を照らし、すこしづつでも歩を進められれば、と願いをこめてつくりました。
ご高覧くださればうれしいです。


ECO Lighting Exhibition
〜12月21日(水)
10:00〜17:00 最終日16:00まで
土日休み

平和紙業ペーパーボイス
大阪市中央区南船場2-3-23
TEL 06-6262-4540


sokkou2.JPG


sokkou-4.JPG

続きを読む "仄光照疋" »

2012年06月30日

薔薇族

roses.JPG

薔薇⎯⎯といえば、
クセジュ文庫『花の歴史』薔薇の項の "有名な誤植" を思い出すのですが、
詳細忘却・・・
たしか、たった一字の誤植で平凡な一行が名文になった・・
というようなことが書いてあったと記憶するのですが・・
探してみます、この本。



ただいま、写真の薔薇のライトを出品中です。

ばら大好きッ展
伊丹市立工芸センター
~ 7月1日(日)
10:00〜18:00(入館は17:30まで)


もっとはやくご紹介すればいいのに、もう最終日になってしまいました。
なんでもかでも終わり間際になんとかするというこの悪習慣、なおりませんね。

観たい映画や興味のある展覧会も最終日に駆けつける・・
仕事も締め切りにようやく間に合わせる・・

この性格で失ったもの計り知れず。

取り返しのつかなかった哀しい出来事も。

後悔してもしきれない・・このあいだもそんなことがありました。
ある方に、ゆかりのものが掲載されている本をみつけて、お送りしようと手元に置いて数ヶ月。
お届けする前に、その方が亡くなっていらしたことを知らされました。

大切なその方が、身を以て教えてくださったようなものなのに、
この始末。
また「遅ればせながらの人」あるいは『いつも手遅れ』になってしまいました。

そろそろ学習しなくてはなりません。


rose-1.JPG

タイトルは「薔薇族」
ベースの素材はご覧の通り、鋼管です。


続きを読む "薔薇族" »

2013年02月21日

仮面窓展

malcontenta.JPG


気がつくと、もう節分もバレンタインも過ぎ去って、
新年のご挨拶さえできずに今年初のエントリーです。

またまた開催中のご案内になってしまいました。

仮面窓展
2月18日(月)〜23日(土)
12:00-19:00 ⧸ 最終日 16:00

ギャラリーGK
東京都中央区銀座6-7-16
第1岩月ビル1階
tel 03-3571-0105

地下鉄銀座駅 B-5出口 銀座線・日比谷線・丸ノ内線

銀座デビユウ・・なんていっていいんでしょうか ^^
たった一点のみの出品ですのに。

画家の友人大沼きょう子さんにお誘いいただきました。


タイトルは『La Malcontenta』


malcontenta-1.JPG


A.P.ド・マンディアルグの『masques de Leonor Fini』にでてくる
ある奇妙な仮面に魅せられ、その仮面があったという「マルコンテンタ荘」をタイトルに。
16世紀の建造というその館はベネッツィアとパドヴァの間、ブレンダ運河の河畔に今もみることができるそうです。

以下、生田耕作先生の訳にて仮面の詳細を・・

“(略)ところで、マルコンテンタに於いては、便所は、この地方で最初につくられたものの一つにちがいないが、扉がそなわっておらず、代わりに一個の<仮面>をひそめており、一人きりになる人間はそれでもって顔をつつむしくみになっている。”
(奢灞都館,1976年刊)


制作中は他のタイトルにしていたのですが、どうも気になってさがしていて出会ったテクスト。
もう、惚れ込んでしまい、タイトル負けは承知のうえ。

こんなこというと、熱心なファンにはしかられそうですが、
澁澤龍彦氏も「マルコンテンタの便所」を探しに行かれたのだとか。
くわしくは『ドラコニア綺譚集』に。


仮面窓展、3月に京都でも。

ギャラリーLittle House
3月12日(月)〜24日(土)
18日(月)休廊
11:00-19:00 ⧸ 最終日 16:00

京都市下京区四条室町鶏鉾町478
tel 090-9977-1559(岡村)

2013年05月23日

ジャンコクトー フェスティバル

eiffel-jeancocteau-1.JPG


またまた間際のお知らせながら、
ジャン・コクトー愛好家の藤澤健二さんから、こんな催しのご案内が届きました。
江戸川区ってずいぶんしゃれたことするんですね !


今年はジャンコクトー没後50年・・だったのですね。
藤澤さんはもう何十年も半端じゃなくジャン・コクトーに熱中なさってらっしゃる方。
大小問わずコクトー関連の催しには尽力なさっています。

藤澤さんとコクトーのおもしろいお話もたくさんあって、なかでも、コクトーが眠るちいさな礼拝堂の武勇伝が私は大好き。

パリ近郊Milly-la-Forêtにあるこの礼拝堂も今は一般公開されていて、なんでも中に入るとジャン・マレーの声で解説が聴こえてくるのだそうです。

藤澤さんが行かれたのは70年代後半ではないかと思うのですが、私もその少し前にレイコ・クルックさんに連れて行ってもらっていて、当時はなにもなく、人っ子一人見ない薬草の村Milly-la-Forêtと、もちろんジャン・マレーの魅惑的な声もなき礼拝堂の佇まいにいたく感動した記憶があります。
藤澤さんをここに案内されたのもやはりレイコクルックさんで「ここで一晩過ごすとジャン・コクトーに逢えるかもよ」といわれ、ほんとうに毛布を抱いて藤澤さんは礼拝堂に残られたのだとか。ところが、夜がくる前に見廻りのおばさんに見つかって、ホームレスと間違われた彼は有無を言わさず追い出されたのだそうです。

礼拝堂の壁面いっぱいに描かれたコクトーの絵。
Je reste avec vous ーわたしはあなたがたとともにいますーと刻まれた墓石。

ここで毛布を携えた彼をコクトーは見ていたのではないかしら・・などつい想像してしまうのですが・・


eiffel-jeancocteau.JPG


Milly-la-Forêtのコクトーが住んだ家も公開されているようです。
藤澤さんも以前インタビューなさったことがあるピエール・ベルジェ氏が “ジャン・コクトー協会” の会長なのでこのようなこともできてしまうのですね。
いつか、訪ねてみたいものです。

江戸川区お近くの方はぜひ!!

2014年02月02日

刺す人

nao-chan.JPG

もうはじまってます。
下田直子さんの作品350点の展示だそうです。
時間をつくってぜひぜひ行きたいと思っています。

下田直子さんとは奇妙なご縁で、『一つ目小僧』の津野いづみさんのご紹介でお会いしたことがありました。
『一つ目小僧』・・あれは・・70年代のブランドでしょうか。
遠い昔のようですが、『anan』創刊当時のとてもステキなファッションページを覚えています。

下田直子さんと初めてお会いしたのは巴里。
80年代の初頭、ニューヨークから帰国の途中、巴里に立ち寄られたのでした。
当時巴里にいた私が彼女をご案内したのは、パレロワイヤルの回廊にあった『勲章やさん』。
そこは密かな人気のアドレスで、店内にあるたくさんの勲章を好きなだけ選んでグログランリポンにその場で縫い付けてブローチにしてくれるといった面白いお店でした。
好きなだけ・・といっても決して安くはないお値段、たくさんの勲章を前に大いに悩み、さらに縫い付けてもらう順番やリボンの色にまた悩み・・ああ、あのお店はまだあるのでしょうか ?

ご案内をいただいて、そんなことを思い出しました。
彼女のオーダーしたブローチはさすがに見事な出来映えでした。
いわずもがな、ですね。

nao-chan-2.JPG